2019年5月22日水曜日

大雨去って

屋久島に大きな被害をもたらした大雨は5月21日に関東地方を直撃しましたが、大きな被害は免れたようです。私の住む八王子も夕方には雨も止み、久し振りに裏高尾に行くと霧が舞っていました。

霧の舞 

沸き立つ霧

見上げれば青空に白い雲

 青空に白い雲

帰り際に貨物列車が来たので、思わずシャッターを押しました。

貨物列車

2019年5月19日日曜日

バラの思い出

今年もわが家にバラが咲きました。我が家には3種類のバラがあります。

赤いバラは母が生前大切にしていた母バラ

 母バラ

ピンク色のバラは愛犬・チョコ(ポメラニアン)が亡くなった時に植えたチョコバラ

 チョコバラ

黄色のバラは愛ネコ・キキ(三毛猫)が亡くなった時に植えたキキバラ

キキバラ

母も愛犬・チョコも愛ネコ・キキも亡くなりましたが、それぞれのバラが生前の思い出を運んできてくれます。今年もありがとう!

2019年5月16日木曜日

高尾山麓の植物

若葉のきれいな高尾山麓を歩いてみました。

いつもは重いカメラバッグも軽装で!


雨上がりのため木々が生き生きしています!


見上げれば新緑がまぶしい!


シダも生き生きしています!


実はジャケツイバラの様子を見に行きました。ちょっと少なめだけどこれからかな?


林道を飾る植物の主役はシャガ。万歳しているシャガを見つけました!


見頃を過ぎたクマガイソウの群生を発見!


終わり

2019年5月12日日曜日

新緑とミズバショウ

山形県で山桜と一本桜を撮影後、道の駅・天童温泉で車中泊しました。2日目は飯豊町にある白川湖の水没林と裏磐梯のミズバショウを撮影しながら移動し、道の駅・裏磐梯で車中泊しました。

 白川湖と飯豊連峰

 白川湖の水没林

白川湖はこの時期だけ雪解けにより増水し、樹木の一部が水没して美しい光景を見せてくれます。今年は白川湖は流木やゴミもなく、とても綺麗でした。

檜原の一本桜

裏磐梯へは午後到着し、まずは檜原の一本桜を観察に行きました。この山桜は開花が遅く、数日後には満開になっていたと思います。夕方には見頃となったミズバショウを撮りに行きました。

裏磐梯のミズバショウ

所属する写真教室の6月の課題が滝のある風景のため、翌朝は小野川不動滝に行きました。

小野川不動滝

雪解けで増水した小野川不動滝は、落差25mを轟音を立てて落ちていました。今回の旅では、あまり知られていない場所の桜を追いかけました。無名の美しい桜にも出会えたり、雲間から射す光に出会えたりして収穫の多い旅となりました。

2019年5月10日金曜日

桜追いの旅(山形)

ゴールデンウィーク明けの5月7日より東北地方に桜追いの旅をしてきました。桜前線は北海道に移動しましたが、山形や福島の一部では桜を鑑賞できる場所がまだ残っています。
最初に山形県の西蔵王放牧場を訪れました。

西蔵王放牧場の山桜 

葉桜

時期的には少し遅く、メインの山桜は散っていましたが、まだ開花中の山桜も鑑賞できました。

 牧場より朝日連峰を望む

新緑と山桜

放牧場の山桜を鑑賞後、車で2時間掛けて山間に咲く一本桜を撮りに向かいました。桜の開花情報が少なく、散っていたらという不安と闘いながら車を走らせました。到着すると、何んと満開でした!

一本桜

この桜は池の畔に咲く樹齢100年と言われる一本桜です。この桜にどうしても会いたくて行ってきました。到着直後は強風が吹いていましたが夕暮れ時になって風が止み、水面に映り込む桜の姿が印象的でした。西蔵王放牧場の山桜は来年リトライしたいと思います。

2019年5月6日月曜日

森の中へ

都立滝山自然公園(八王子市高月町)は春には桜や山ツツジが咲きく他、雑木林も多く森林浴には打ってつけの場所です。今年は山ツツジを撮りたいと思い本日で5回も通いました。山ツツジを撮った後はハイキングコースを歩きながら森の様子を観察しています。

散策路

朝の気配

光射す

森に朝の光が射す頃小鳥が鳴き、木の幹に光が射し、輝く新緑が心を癒してくれます。

落花

重なり

長かった10日間の大型連休も明日で終わりです。この時期、学校に行きたくない子供や会社に行きたくない大人が増える時期(いわゆる5月病)でもあります。連休中は自由だった日々から集団生活や残業の続く日々が待っていることを思うと憂鬱になってしまうのです。これは程度の差こそあれ、だれもが感じることだと思います。あまり深く考えず、先ずは行って出来ることから始めことだと思います。

2019年5月3日金曜日

令和元年の初撮り

元号が平成から令和に変わりました。新しい令和元年の初撮りは、八王子の裏高尾の新緑と滝山城跡の山ツツジでした。これからしばらく清々しい季節となりますね。

 霧に包まれて

希望の小径

地に還る

満開

令和の時代が平和で安らかに暮らせる時代となるよう願いたいと思います。そして好きな写真が楽しく続けられるよう精進したいと思います。